癌性腹膜炎とは

白衣の人

癌性腹膜炎にかかると様々な症状を引き起こします

癌性腹膜炎とは、腹膜にがんが転移したものです。腹膜はお腹にある臓器をつつむ膜を呼びます。癌性腹膜炎にかかると、腹膜の中にがん細胞が剥がれて散らばり落ち、リンパ管が吸収する水分量を超えて腹水が発症します。それに伴い、腹水の中には血中のたんぱく質を流出してしまう症状から栄養失調になったり、腸閉塞や腸管破裂、さらには尿管閉塞などを引き起こします。癌性腹膜炎によって様々な症状を引き起こす原因になります。

初期での判断が難しい癌性腹膜炎の主な症状

癌性腹膜炎の主な症状として1つ目に水腎症があります。水腎症とは、腎臓や尿管が閉塞し尿の通りが悪くなる状態を表します。腎臓は背中の位置にあるので、水腎症の症状が続くと背中に痛みが生じることがあります。他に、腎臓の機能が低下したり、尿管に溜まった尿に細菌が発生し、それにより感染症を引き起こすことがあります。2つ目の症状として骨組織の減少が起こります。癌性腹膜炎の症状により栄養素の吸収が悪くなり骨組織の減少が起こります。栄養素の吸収がされにくいためビタミンKが不足し出血しやすく、さらに出血が止まりにくくなります。3つ目に黄疸が症状として発生します。黄疸とは、血液の中にビルビリンが増殖することにより目や皮膚が黄色く変色することです。また、ビルビリンはかゆみの原因になるので、かき傷による皮膚の炎症を起こす原因ともなります。その他の症状として、腹痛や発熱、嘔吐感や体重減少など軽度の体調不良でも感じることや、呼吸困難や不整脈など重度の症状を引き起こすこともあります。癌性腹膜炎は初期での診断が難しいことと、胃がんや大腸がん、卵巣がんから転移しやすいです。他のがんの手術時や各症状が現れることで、癌性腹膜炎が見つかるケースがほとんどです。