病棟

内科の選び方

城東区にお住まいの方で、痛みや違和感を感じるが説明がし辛く、どこの病院の何科にかかればよいか悩みの種かと思います。体に違和感や痛みを感じた際に、最初にかかると良いのは内科です。

ドクター

悪性リンパ腫とは

体の倦怠感や高熱が続いたり体重減少に悩まされることを、日頃の忙しさや疲労のせいで放っておいてはいけません。悪性リンパ腫の可能性があります。現在は高い確率での治癒が期待されているので体の不調でお悩みの方は、一度受診をお勧めします。

側弯症とは

ドクターとナース

腰痛や背中の痛みを放置していませんか

側弯症とは、脊柱の曲がりやねじれが発生する病気です。一時的な曲がりの場合も少なくはありませんが、曲がりの角度が20°を超えると危険です。側弯症の原因は、機能性側弯と呼ばれる一時的なものとしては姿勢が悪いためや足の長さが違うことで起きる場合、それに坐骨神経痛による側弯が考えられます。それに対し構築性側弯症と呼ばれる一時的ではなく病気として診断されるものは、先天性で側弯が起こる場合や、特発性として乳児期・学童期・思春期とそれぞれの時期に発症する側弯などがあります。他に外傷性などで脊柱の曲がりが起きる場合もあります。

側弯症のほとんどは原因が分かっていません

しかし、上記の通り側弯症の主な原因を説明しましたが、発症者のうち、80~90%の人は原因が不明です。そのため、突発性側弯症と診断されています。側弯症は思春期時期の小学校から中学校にかけての発症が最も多いとされています。側弯症には特に女性の患者が多く、男性の5倍~7倍にものぼります。側弯症は手術をすることで回復が可能です。側弯症は放置をすると脊柱の曲がりが進行し重度の側弯症になります。側弯症が進行すると肺機能の低下のため息切れを自覚するようになったり、腰痛や背中の痛みが多く起こる可能性があります。手術を行なう理由は側弯症の進行を止めることが目的です。重度の側弯症に進展する可能性がある場合や、装具治療など手術以外での治療効果がない場合、年齢が若いうちに重度の側弯症が発生している場合は早めに医師への相談をし手術を受けましょう。

白衣の人

癌性腹膜炎とは

癌性腹膜炎は腹膜にがんが転移したものです。腹膜に癌細胞が剥がれ落ちることで腹水を引き起こし、腸閉塞や腸管破裂、尿管閉塞の原因になります。その他初期段階での発見が難しいがんのひとつです。